相続人が複数の不動産相続は

さて、不動産相続の場合ですが、相続人が複数人いると非常に複雑になってきます。 遺産は、法律上決められている相続人で分けられることになるのですが、遺言書がない場合は、遺産分割協議が行われた上で財産分与が決定されます。 協議の結果、一人が土地財産を相続することになった場合でも、共同相続人全員の戸籍謄本と印鑑証明が添付された「遺産分割協議書」をつけ、相続登記を行います。 一人だけが選ばれても、その一人だけで相続登記は出来ないのです。 特に、相続の比率を変えずに法定相続分通りに相続登記をする場合には、遺産分割協議書の添付は必要がなく、相続人の内誰か一人が冬期申請を済ませることが出来ますが、その場合は、不動産は相続人全員の共有ということになります。 仮に、この共有物である不動産を売却する場合には、共有者全員で決めなければならないため、トラブルにならないよう相続人同士でよく話し合いをする必要があります。 この相続登記ですが、なるべく早く済ませておきましょう。 これを済ませておかない事には、相続した不動産の名義変更や売却、抵当権の設定などが出来なくなってしまいます。 相続した不動産に対する相続人の権利が保全されないので、抵当権の抹消も出来なくなる可能性がありますし、固定資産税の納税通知書も死亡した人宛に送られ続けてしまいますので、相続登記をしない事は相続人にとっても大きなマイナスになってしまうのです。 また、相続登記をしないことには、相続人の有無もはっきりしない状態が続くことになりますので、相続人が増えてしまうという可能性もあるのです。 そうなってしまうと、収拾がつかなくなりトラブルも起こりやすくなりますので、なるべく早く相続登記は済ませてしまいましょう。 相続登記には相続人全員の同意が必要なのですが、もしも協力してくれない相続人がいた場合や所在不明の人がいた場合には手続きが進められません。 家庭裁判所での調停や審判を行うこともできるのですが、時間ばかりが取られてしまい、相続を諦めるというケースも多いのです。 こういった複雑な面が多々ありますので、専門家への相談をおすすめします。