相続した不動産の売却するには

不動産の相続だと、必ずしもそれが戸建の家とは限りませんよね。 土地やマンションの可能性もあります。 ここでは、相続した土地やマンションの扱いについてのポイントを少し見ていきましょう。 まず、土地ですが、残しておきたい土地と売却しても問題のない土地の見極めが重要になってきます。 相続税のことだけを考えるならば、一番良い土地から売却してしまえばいいのですが、長く維持する価値のある土地の場合、たとえ相続税が発生しても手元に残しておくというのも良い選択です。 ですので、見極めるためには土地をきちんと区別することとそれによる納税計画を立てることが大切になってきます。 複数の土地が合ってどうしたら迷った時には、例えば駅から遠いところから処分をしていくなどをすれば失敗は少ないでしょう。 マンションの場合は、持っているだけでも修繕費や管理費、固定資産税の経費がかかってきますので、非常に扱いが難しくなってきます。 特に築年数の古いマンションでは、立地条件にもよってきますが、売ってしまうか貸した方がいいのかというのは非常に悩ましいものです。 上手く貸すことができれば、安定した収入を継続的に得ることが出来るのですが、上手くいかないケースもあります。 場合によっては売却してしまった方が良いという場合もありますので、迷ったら専門家に相談するのが一番よいでしょう。 こういった面でも、不動産は相続においては扱いの難しい財産となります。 分譲や譲渡が難しい上に高額ですので、不要な不動産を持ち続けることは相続上マイナスになりますので、持っているべきか否かの見極めが非常に大切になります。 不動産投資において収益を得るための一番の条件は「立地」だとよく言われるのですが、郊外の土地は収益力が少ない割に保有コストが高いという問題もありますので、もしそういう土地を持っているのなら、積極的に売却して買い替えや現金にしてしまうとよいでしょう。 節税効果を第一に考えていくならば、都内の収益物件を購入することがもっとも効率のいい選択になるのではないでしょうか。