遺産相続での不動産は

例えば、お父さん等土地やマンションの持ち主が亡くなってしまった場合、遺産相続という形で家族に譲渡されますが、その相続の手続きまでの流れを簡単にみておきましょう。 遺産相続には期限がありますので、ここに書く手順を把握しておく必要があります。 最初は、死亡届けや死体火葬許可申請書を提出しないといけません。 これは7日以内におこないましょう。 次に、相続人の確定、遺産の確認(財産目録の作成)をし、被相続人の死亡を知ってから3か月以内に、「排除者・欠格者の調査」と「相続放棄、限定承認」を行います。 それがおわったら、遺産分割協議を行います。 協議が成立した場合は、遺産分割協議書を作成し、名義変更の手続きにうつります。 協議が不成立だった場合は、調停、審判を経て名義変更手続きに入ります。 名義変更の手続きが終わったら、相続税の申告と納付を行いますが、これは被相続人の死亡を知った日の翌日から10か月以内に行います。 こういった流れがあります。 この流れの中で気を付けたい点は、「限定承認」についてです。 相続財産の負債以外を相続できると聞いたら限定承認を選択したいと思いがちなのですが、税制上注意が必要な方法でもあるのです。 財産を時価で相続人に渡したとして、譲渡所得税があったとみなされ「みなし譲渡所得税」というのがかかってきてしまうからなのです。 負債を弁済するために、全ての財産を売却することになるのですが、この時、それによって得た金額は収入とみなされてしまいます。 ですので、購入した時よりも値上がりしている土地などの含み益がある場合に限定承認をすると、被相続人に対して所得税がかかることになってしまいます。 ただ、これは土地などの売却によって含み益の発生する遺産に対しての話ですので、相続する物が現金の場合はこの限りではありませんのでよく確認をしましょう。 この「みなし譲渡所得税」は債務には含まれますので、最終的には負債の方が上回る場合、切り捨てとなります。 相続する遺産がプラスである場合は損になりますので、気軽に限定承認を選択せず、相続する財産がプラスなのかマイナスなのかどちらになるかをきちんと精査しましょう。